豊中市蛍池駅直結の歯科医院 ひがし歯科医院

06-6843-6480

ご予約・ご相談

EPARK

EPARK
ひがし歯科医院ブログ
  • Bfore After 治療ビフォーアフター
  • 治療を受けた患者様の体験談
  • よくあるご質問

アクセス・診療時間

アクセス

〒560-0033
大阪府豊中市蛍池中町3-2-1
ルシオーレ北館4F

大阪府豊中市蛍池中町3-2-1

診療時間

午前 9:00~13:00
午後 14:30~18:00

※休診日:木曜・日曜・祝日
※土曜日の診療は、9:00~14:00です。

詳しい診療時間・アクセスはこちらから

虫歯治療

当院が虫歯治療で大切にしていること

ひがし歯科では以下のことを大切にして、虫歯治療を行っています。

1.なるべく削らない治療

ダイアグノデント

歯を削るということには様々なデメリットがあります。同じ虫歯であっても慢性的に進行する心配のない虫歯や初期の小さな虫歯の場合はなるべく削らず、定期的なメンテナンスで状態を維持することに努めるようにしています。

2.歯の神経は出来るだけ残す

歯の神経を残すことは、歯の寿命をちぢめないためにはとても重要です。そのために、出来るだけ神経をとらない治療の進め方をしています。

3.小さい虫歯には型取りをして作る詰め物を使わない

型取りをして作る詰め物は流動性がないため、本来削る必要がある部分よりも大きく削らなければなりません。小さい虫歯の場合は流動性の高いレジン(プラスチック)の詰め物を使用して、虫歯のある部分のみを限局的に削り取ります。

4.削る部分は最小に

4.削る部分は最小に

削る必要のないところは削らない、削る必要のあるところは確実に削る。こんな当たり前だけど大切なことを徹底するために、虫歯の検知液(染め出し液)を使用して、削る必要のある部分、ない部分を見極めています。

精密な治療を行うために

ダイアグノデント

ダイアグノデント

予防歯科の要となる検査機器。レーザーの蛍光反射を用いて齲蝕の進行度合いを100段階で評価する装置。肉眼では検出の難しい初期虫歯を早期発見する事が可能。初期虫歯であれば歯を削らずにフッ素塗布などで再石灰化を促し元の健全な歯への回復が期待できます。また、溝の奥などの、肉眼では見えないところにある虫歯を検知することも可能。

拡大鏡

拡大鏡

目立たないけど強力な助っ人です。約1cmの歯を、3cmの大きさの歯に拡大して治療する事が可能で、ワンクラス上の歯の診断・処置を可能にしてくれます。当院では医師だけではなく、スタッフ全員がすべての治療・メンテナンスに拡大鏡を使用しています。さらに精密を要する自費治療などでは、8倍の高倍率のものを用いて肉眼での限界を超えた診断・精密治療を可能にしています。

マイクロバー

マイクロバー

非常に精密小型に作られた切削器具(左)で、従来型(右)にくらべ3分の1の大きさしかありません。前歯の間や奥歯の溝にある小さな虫歯を、複雑な形状に合わせて精密に削る事により、痛みの発生を抑え、健康な部分を最大限保護することが可能です。

快適な治療を行うために

5倍速コントラ

5倍速コントラ

従来の歯を削る装置(エアタービン)は圧縮空気を吹き付けた風車の高速回転を利用しています。本装置は、トルクの強い電気モーターと精密な歯車を用いた振動と騒音の少ない切削装置です。精密で滑らかな切削が行えるとともに、振動や痛み、音など、患者様の感じる不快感が極めて少なくなっています。

口腔内カメラ

口腔内カメラ

ペン型の小型カメラでお口の中の状態を診療台にある液晶モニターに映し出します。鏡では見えない奥歯の虫歯や歯ぐきの状態が手に取る様に分かり、患者様にも治療の状態を良く理解していただけます。

電動注射器

電動注射器

無痛治療の主役。当院ではほとんどの治療で、表面麻酔と局所麻酔を積極的に用います。コンピューター制御で麻酔液の注入スピードをきめ細かくコントロールするため、麻酔注射そのものも痛みをほとんど感じません。

最新虫歯治療「セレックシステム」

最新虫歯治療「セレックシステム」

セレックとは、セラミックの詰め物やかぶせ物を院内で作製できるマシーンです。
今までもセラミックやハイブリット、メタルボンドとありましたが、すべて技工所に依頼して作製していたため、型とりからセットまで1週間から2週間のお時間を頂いていました。
それに比べてセレックは、CAD/CAM(キャドキャム)という専門のソフトを組み込んだ院内のマシーンで詰め物を作成します。
そのため、最短であれば1日で型取りからセットまでをすませてしまうこともできるのです。

最新虫歯治療「セレックシステム」

虫歯の進行状況別の治療内容

C1(軽度の虫歯)

歯の表面のエナメル質が溶けて、虫歯が始まった状態。ただし、エナメル質は神経がないため、痛くありません。適切なケアを行えば、削る必要はありません。

C2(中等度の虫歯)

虫歯が象牙質まで達した状態。象牙質は虫歯の進行が早く、だんだんと痛みがでて、歯がしみるなどの自覚症状が出てきます。虫歯に侵された象牙質を除去して、かわりに詰め物します。

C3(重度の虫歯)

虫歯が歯の神経にまで進行した状態。炎症を起こし、激しく痛みます。虫歯に侵された神経と象牙質を除去し、歯の根の内部を除菌します。被せ物によって歯を残すことができる可能性があります。

C4(重度の虫歯)

歯の頭の部分が溶けて、歯の根だけが残った状態です。歯の神経が死んでいるため、痛みは感じません。歯を残すことも困難になる場合があります。歯を残せる場合は根管治療で修復しますが、残せない場合はブリッジや入れ歯、インプラントで治療します。

金属アレルギーについて

金属アレルギーについて

口の中に詰めている金属は全身に弊害をもたらす可能性があります。もし、内科や皮膚科で治らないような症状(頭痛、めまい、不眠、アレルギー、リウマチ、アトピー性皮膚炎など)がある場合は口の中の金属が原因である可能性があります。

口の中の金属が、酸化や磨耗により唾液中に溶け出すことによって起こり、溶け出した金属イオンは唾液中のタンパク質と結合してさまざまなアレルギー現象を引き起こします。
治療にかかる時間とお金の問題はありますが、金属をとることですっかり体調がかわり、肌のトラブルも少なくなったという人はたくさんおられます。

体に害のない詰め物

当院では、身体に害のない、または害の少ない次のような詰め物を推奨しています。

レジン

C1程度の小さな虫歯の場合に使用します。※保険適用の範囲内です。

セラミック

金属をまったく使用していないため、身体への悪い影響はありません。また、天然の歯とほぼ同じ色をしており、誰にも詰め物をしていると気付かれないほど自然な見た目です。
※ただし、この詰め物は、保険が適用されません。費用がどうしても銀歯よりも高くなってしまいます。しかし、もし予算のご都合が合うのであれば、身体のことを考えこれらの詰め物をお奨めいたします。

PAGETOP